男性営業マンはかっこいい!?営業マンが女性にモテる4つの理由!

世の中には、色々な職種がありますが、中でも営業職の男性は女性に人気の出やすい職種だと言われています。
その中でも特にデキる営業マンは女性にモテる傾向があり、彼らが仕事で使っている営業テクニックには、恋愛に応用できるものも多くあるのです。ここでは、営業マンが女性にモテる理由をご紹介します。

営業マンの内面がモテる!

第一印象を決める爽やかな笑顔
例えテンションが上がらない日であっても、顧客を訪問するときは笑顔で挨拶をする習慣が身についている営業マンは、女性と会った時も自然と笑顔で挨拶が出来る人が多いようです。笑顔は人に心を許している表れとなり、相手に対し自分は味方であるという意思表示になります。笑顔で挨拶をする営業マンに対して、相手は感じの良い人だという第一印象を持つようになるでしょう。

営業マンは聞き上手

営業マンは、話し上手な人が成績を上げるのではなく、聞き上手な人の方が顧客の希望や考えをしっかり把握し、顧客の信頼を勝ち得る場合が多くあります。
相手の話しをじっくり聞き、上手に相槌を打って同意し、相手に心を開かせて話しを聞く技術が営業マンにはあります。
自分の話しを親身になって聞いてくれる男性に好感を抱く女性は少なくありません。
そして、自分の話しに共感を示してくれることに対し、自分を理解してくれる人だと感じることが好意につながるのです。

相手の細やかな変化に気が付く

顧客を訪問した際、前回と応接室のレイアウトが変わっていたり、顧客の腕時計が変わっていたり、営業マンは変化を敏感に捉え、本題のトークの前に使うことがよくあります。女性が髪型を変えたり、元気が無かったりといつもと違う雰囲気であれば、営業マンはすぐにその変化に気が付きます。わずかな変化にも気づく細やかな気遣いは、相手に好意を抱かせる大きな武器になるのです。

営業で培った心理テクニック

例えば、相手と同じポーズや同じ表情をすることで、相手に好感を与える「ミラーリング効果」を営業テクニックとして使っている営業マンもいるでしょう。仕事で使っているテクニックがいつの間にか習慣となり、プライベートな時間にも自然に用いているケースはよくあることです。

その他にも営業で培った心理テクニックは恋愛にも応用できるものが多々あります。
仕事で身についたそれらのテクニックは、知らず知らずのうちに女性とのデートの間にも活用されているはずです。

美味しいお店に詳しい

外出が多いため、外出先でランチを済ませることが多く、いろんなエリアの人気の飲食店を知っているのも営業マンの利点の一つです。
また、接待に使ったお店など、夜のデートにも使えるお店も知っているのも強みです。
知らないお店に行って失敗することもなく、一度は訪れた確実に美味しくて雰囲気の良いお店に誘うことができます。

営業マンの外見がモテる!

スーツ男子はモテる

マイナビウーマンが行なった調査(https://woman.mynavi.jp/article/150808-49/)によると、
約7割の女性は私服よりもスーツ姿の方が魅力的と回答しています。
スーツは、かっちりとしたジャケットが上半身を大きく見せ、Vゾーンからのぞくワイシャツとネクタイは、縦のラインを強調し、男性をスタイルアップして見せてくれるものです。しかし、それはスーツであれば何でもよいわけではなく、しっかりプレスされたスーツにしわのないワイシャツ、磨かれた靴と清潔感を感じさせるものに限られます。よれよれのスーツでは、女性の気持ちを掴むのは難しいでしょう。

清潔感は必要不可欠

営業マンは普段から、顧客に良い印象を与えるように身だしなみにも気を付けています。清潔感は女性にモテる上で欠かせない要素です。スーツなどの洋服だけでなく、髪型や爪の手入れまで、不潔に感じるものがあると女性は男性に嫌悪感を抱きます。

口の臭いや、汗の臭いなど、自分では感じにくい臭いにも女性は敏感です。
営業マンであれば、普段からデオドラントアイテムを携帯し、臭い対策も万全にしていることが多く、その点でも営業マンは女性にモテる要素が既に備わっていると言えます。

営業マンの待遇がモテる!

営業職は他の職種に比べると、給与が高めに設定されていることが多いです。
特別な日は、高級なお店に食事に誘うこともできます。
少し背伸びをしたようなお店で美味しい食事を楽しめることに女性は大人の魅力を感じることでしょう。
また、外出が多い営業の仕事は、自分の裁量でスケジュールを決めることができます。
女性の勤務先周辺でアポがある場合など、ランチタイムを合わせてランチデートをすることもできます。
比較的お金の余裕があり、時間の調整もつけやすい営業マンは、女性の心をつかみやすい待遇でもあります。

まとめ


営業マンの仕事は、商品やサービスを売る仕事ですが、扱う物の魅力を伝えることと同時に営業マンの人となりの魅力を伝える必要もあります。この人だったら話しを聞いてみよう、この人は信頼できそうな人だ、顧客にそう思ってもらうことから取引は始まります。

恋愛においても、日頃から気を付けている身だしなみや感じの良い挨拶などが女性に好印象を与えます。
営業においても恋愛においても、相手に好感を与え、まずは自分を信頼してもらうというプロセスに違いはありません。
仕事で身についたさまざまな要素がモテ要素となり、女性の目に営業マンはかっこいい男性に映りやすいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。