営業職からのキャリアアップってどんな働き方があるの?

営業職は多くの企業で採用が活発な職種です。
多くの経験をつめる職種でもあるため、その先のキャリアアップを考えられる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回のコラムでは営業職からのキャリアアップを考えた際に、どのような選択肢があるのか他職種への転職を中心にご紹介します。

他の職種へ転職する


営業職に長けた人は総じて「コミュニケーション能力」や「クレーム対応力」などのスキルが高い方が多くなっています。
そのため他職種に転職しても、キャリアアップが図れるでしょう。

営業職からキャリアアップしやすい職種は以下のようなものが考えられます。

(1)人材教育部門・教育担当

営業職の人間は広い視野を持っています。
その視野や今まで培ってきたノウハウや実績は新しい人材を教育するのに適しています。

直接的に指導するのはもちろん、定期的に研修を開きそこで講師となり指導やアドバイスをするのも良いでしょう。
新人の教育はどこの職種でも必須ですので、教育に興味がある方にはおすすめの仕事となります。

(2)企画部門・マーケティング部門

営業職は会社と顧客の間にたつ職種です。
そのため両者が何を求めているか理解しやすく、また足りない部分も分かるでしょう。

より市場のニーズを理解しているため、マーケティング部門では今までの実績が活かせる可能性が十分にあります。
企画部門では事業計画や経営計画を行ったり、現場で働く営業職のサポートなどを行います。

会社の重要なポジションになりますが、今までとは違い内勤スタイルなるので大きく働き方も違ってくるのが特徴です。

(3)営業コンサルタント

高い交渉力や検証力を有していると自信がある方にはおすすめの道です。
企業内の経営上での課題を見つけ解決に導く職業です。

営業コンサルタントは、人材紹介、営業活動支援、提案などクライアントの様々な経営に関する幅広い業務に携わっていきます。
自分の能力がそのまま結果に結びついてきますので、やりがいのある仕事といえます。

その分営業コンサルタントには様々なスキルが求められます。

  • 想像力
    企業やお店の問題点を指摘し、その解決方法を提案するスキルです。
    顧客と企業の両方の視点からのニーズや問題点を考えないといけないため、想像力や企画力が求められます。
  • プレゼン力
    イメージはそれを実現できないといけません。いかに良いアイデアを現実的にするかというプレゼン力が求められます。
    ここでいうプレゼン力とは、過去の売上や集客などから、企業や顧客を納得させられるだけの具体的な資料を作成し、それを説明する力です。
    いかに想像しやすく、魅力的なアイデアを出せるかが鍵となります。
  • 協調性
    特にイベントなどはデザイナーなど多くのスタッフと一緒になって作りあげていきます。
    そのため協調性は大事なポイントです。いかに円滑に進められるかはコンサルタントの情報交換力や進行にかかっていると言えるでしょう。

独立する

営業職の場合は正社員として会社に所属している狀態です。
そこからキャリアアップとして、独立し会社を起業したいと考える方も多くいます。

まずはチャレンジした仕事や方向性を決めた上で、独立を考えましょう。
独立するとなると何か卓越したスキルや人脈があった方が非常に有利になるかと思います。

また個人事業主として会社と契約を結ぶ方法もあります。
この場合は一定期間契約を結び、歩合制や年棒制で報酬を得ます。

会社のように月給ではないので、働けば働くほど報酬を得られますが、その分自分の才能や裁量が求められます。
成果を挙げなければ契約するメリットがないのですぐに打ち切られてしまうかもしれないからです。

組織に属さずに自分自身の力だけでやっていきたいと考える方にはおすすめの働き方になります。

他職種へ転職する際におすすめの資格

営業職で得たマーケティング力、提案力、ヒアリング力などはどの職種でも活かしやすいですが、資格があれば更に有利となります。
そこで別職種へのキャリアアップを考えた際におすすめの資格をご紹介します。

(1)税理士

営業職で顧客の税金関係の悩みを聞いていた方が、別の方法でも役に立ちたいと思い転職される方が多いようです。
税理士になるには試験への合格とともに2年間の実務経験が必要となります。

そのため勉強しながらも、早めに事務所への転職活動を行う方が多くなっています。

(2)中小企業診断士

経営コンサルタントに関する国家資格です。
企業が利益を上げるための適切な提案が出来る人材としての証明となり、社会的にも高く評価されている資格です。

販売、会計、財務、マーケティングなどありとあらゆる知識を学ぶので、あらゆる業種の実務にすぐ活かすことができます。
そのためどの業種や職種に転職するか悩んでいるという方でも、とりあえず取得していて損のない資格です。

また企業が主催するセミナーや講演会などの講師として独立開業も目指せます。

まとめ

営業職はコミュニケーション力やクレーム対応力、提案力など多くの要素をもった職種です。
そのためキャリアアップのための道は広く、未経験職へ転職しても営業職としての知識や経験は存分に活かせます。

また資格を取ることでさらに選択肢が広がりますので、資格取得を考えてみるのも1つの手段といえます。
まずは今の職種のまま営業を極めたいのか、他の職種へ挑戦したいのかを考えると自分に最適なキャリアアップの道が見つかるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る