自分の可能性を信じて…。もっと「成長すること」を決めた、私の選択は営業職でした。

元々は某有名ファストファッションブランドの販売スタッフとして活躍していた深谷さん。人とコミュニケーションを取ることが大好きで、接客業という職業も所属する会社にも決して不満があった訳では無いそうです。そんな深谷さんが『営業というキャリアを目指してみよう』と思ったきっかけが、【成長】というキーワードでした。
現在、グルメ系サイトの広告営業の現場で大変素晴らしい業績を上げ、あらゆる表彰を総ナメにする深谷さんの原動力や転職のきっかけについてインタビューしてみました!

Q:元々のキャリア、前職について教えてください。

私は新卒でUNIQLOに就職して販売スタッフとして仕事をしていました。人と話したり、人に喜ばれるような仕事をしたいと思っていたので、とても楽しく仕事が出来ていました。仲間にも恵まれ、不満は一切ありませんでした。
そんな深谷さんが、転職をするきっかけは?そして、なぜ営業という職種を選んだのでしょうか?

率直に言えば、自分の可能性や更なる成長に期待したからです。もっと、挑戦してみたい…。この思いが原動力になり、転職を決意しました。
本当に良い職場ではあったのですが、販売以外にももっと自分には出来ることがあるんじゃないか…? もっと自分が成長出来る機会があるんじゃないか…?  いつしかそう考えるようになり、このまま行動に移さないときっと後悔すると思い、転職を決意しました。

営業を選んだ理由は、仕事の幅の広さです。商談は勿論ですが、営業結果を元に戦略や戦術を考えたり、企画書を作ったり、提案するお客様のことを研究したり…営業と一口に言っても、その仕事内容は本当に多岐にわたるんだなと思いました。
営業をやっている知人に色々と話を聞き、今の自分には出来ないことが沢山あるし、一度に様々なことを経験できると感じ、今の私が目指すキャリアとしてぴったりだと思い、営業職の転職を探すようになりました。

Q:営業をやってみて、良かったことを教えてください。

日々、成長を実感しています。異なる悩みや課題を持つお客様と出会いがあり、様々な提案や解決方法を考える毎日がとても刺激的です。
お客様の感謝の声や、反響をダイレクトに受けることができることは、とてもやり甲斐のある仕事だと思います。
今では本当に営業に転職して良かったと、心から思います。

Q:営業を目指す人へのアドバイスをお願いします。

仕事をする上で、とにかく成長したい!という気持ちがある方や、負けず嫌いの方は、直ぐに営業を気にいっていただけると思います。
目標はありますが、チームで達成した時の感動や喜びは、なんとも言えない高揚感がありますね。
やる気やエネルギーに溢れる方は、是非その力を営業で開花させてみてはいかがでしょうか?
営業を始めるのに、遅い早いはないと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る