転職の勝敗はメールから!「人事に好かれるメールマナー」

転職活動を行う際に、面接の対策をしたり、対面での工夫は皆さんしっかりされるのに、意外と見落としがちなのがメール対応です。
転職の場合、日常業務等もあり、人事や採用担当からきたメールに対して直ぐにレスポンス(返信や反応)することが出来ないかもしれません。
しかし、こうした返信時間以外にも人事が気にする応募者のメール対応は実に沢山あるのです。

このコラムでは、件名のつけ方や本文内容など、改めて見直したい、メール対応のマナーについて徹底解説して行きます。
皆さんがメールをお送りする人事担当者は、1日に100通も200通もメールを受け取られています。
「手書きの手紙」と違い、PCを通して「活字」で送られてくるメールは、同じ言葉でもとても冷たく感じることがあります。

「自分が受け取ったらどう思うか?」を考えて、受信者が気持ちよく読むことのできる内容を心がけることも、大切です。
メールマナーを習得し、ライバルと一歩差をつけ、面接前から有利な状態で挑むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る