これからの営業パーソンに英語力は必須!?英語の勉強方法や仕事の活かし方をご紹介!

グローバル化が進み、日本でも英語を公用語とする企業が出てきました。
ビジネスにおいても英語の使用機会が増え、英語の習得に関心が高い営業パーソンが増えています。
そこで今回は、なぜ営業パーソンに英語が必要なのか、ビジネスマンが英語力を身につけるためにはどのような学習方法があるのかをご紹介します。

なぜ英語が必要なのか?

進むグローバル化

ひと昔前であれば、海外勤務のある業種は商社や海外工場を持つメーカーなど、一部の業種に限られていました。
しかし、現在は幅広く業種の多くの企業が海外に支社や工場、店舗を設立、海外の企業との取引が増えています。
また外資系企業の日本進出も盛んであり、外国人の上司や同僚を持つケースも少なくありません。
英語のスキルを昇進の条件としている企業もあるほど、ビジネスにおいても英語を話せる人材の需要は伸びています。

英語を活かす機会

海外での活躍を目指し、英語を活用する仕事を希望する営業パーソンも増えています。
海外支社への異動を狙う場合や海外と取引のある部署に異動したい場合はもちろん、英語力を身につけることで、転職する際にもチャンスが大きく広がっていきます。
外資系企業への転職、海外出張や海外勤務の多い職種に転職をすることも夢ではありません。
英語を身につけた営業パーソンの活躍のフィールドは、日本だけでなく海外まで広がることになります。

英語を挫折してしまう3つの原因


英語を学ぼうと考える人が多い一方で、挫折した経験がある人が多いのも現実です。
なぜ英語の学習過程において、挫折する人が多いのでしょうか。

教材の難易度が高い

英語の教材を選ぶ際に、自身の英語のレベルよりも難易度の高いものを選んでしまうことがあります。
例えば、TOEIC450点レベルの人がTOEIC800点レベルのテキストを選んでしまった場合、内容が難しいため頭に入ってこず、なかなか先に進むことができません。解けているという実感も湧かず、成長を感じることも出来ず、モチベーションが長続きせずに英語の勉強から離れてしまうことになります。

学習の目的が明確でない

英語を学ぶためには時間が必要となります。
時間は有限なので、これまで友人とお酒を楽しむ時間や家でゴロゴロしていた時間を犠牲にして、プライベートの時間を英語の学習に充てる人も多いでしょう。英語を学ぶ目的がはっきりしていないと、楽しいことを犠牲にしてまでなぜ自分は英語を学ぼうとしているのかがわからなくなってしまいます。

モチベーションが保てない

英語に関心があるものの得意分野ではない場合、英語の学習に辛さを感じてしまうこともあるでしょう。
どうしても英語を学ばなければならない理由がない限り、初めは頑張ろうと意気込んでいても、徐々にモチベーションが低下していってしまいます。

英語力を付ける4つの方法

独学

低価格で手軽に始められる勉強法です。
自分に合った教材を選び、好きな時間に好きなペースで勉強することができます。
また、さまざまな英語学習アプリもあり、すきま時間にスマホを使って英単語や英語のフレーズを学習できるようなものもあります。
継続して勉強するコツは、3ケ月以内にTOEIC600点を目指すなど、期間ごとの目標を設定することです。
独学は、一人で勉強を進めることとなるため、マイペースに学習を続けたい人に向いている学習方法です。

オンライン英会話

スカイプなどの無料通話ソフトを使って、オンラインで英会話のレッスンを受ける学習方法です。
英会話教室に比べると、価格も月々数千円からと低めに設定されています。
レッスン時間は短いものの、マンツーマンでのレッスンとなるため、他の人の目を気にすることもなく英語を話すという実践的な学習をすることができます。
また、都合の良い時間にレッスンの予約を入れることができるため、仕事が忙しくてなかなか決まった時間にスクールに通うのは難しいという営業パーソンにオススメの学習法です。

英会話教室

街中にある英会話教室に申し込み、レッスンを受ける方法です。
価格は比較的高めで、週1回のレッスンで月額1万~2万円程度となります。
一人ではなく、仲間といっしょに学習したい人やネイティブの講師と向き合って会話のスキルを伸ばしたい営業パーソンにオススメです。
一人の講師に対して複数の生徒が受講する形式の場合、一人が発言する回数はそれほど多くはありません。
発言の機会を増やしたい人は、多少授業料がアップしますが、少人数制のレッスンも検討すると良いでしょう。

個人教室

講師と一対一で英会話レッスンを行う学習方法です。
英会話教室の個人レッスンコースを選択するか、個人で英会話教室を開いているネイティブを探して申し込む方法があります。
一対一で会話ができる分、発言機会も多く、上達スピードも速い学習方法です。
確実に英会話スキルを身につけたい営業パーソンや短期間で英語を習得したい営業パーソン向けの学習方法です。
ただし、費用も高額となり週1回のレッスンで月々2万円から3万円程度のところが多いようです。

英語を学ぶ目的を定めよう


英語学習を挫折してしまう理由の一つに、英語を学ぶ目的が不明確であることを挙げました。
何のために英語を学ぶのかということをはっきりとさせ、そのためにはどのくらいのレベルの英語が必要になるのかなど、目的を達成するための目標もしっかり立てることが大切です。
例えば、海外支社への異動を希望したい、海外勤務のできる企業へ転職したいといったように英語を学ぶ目的を明確に定めましょう。
さらに、いつまでにその目的を達成させるのか、目的実現のための期限を決めることも大切なことです。

まとめ:営業パーソンの英語力アップのカギ


営業パーソンが英語力を身につけようとする場合、仕事の忙しさや費用などを比較し、自分に合った学習方法を選択しましょう。
いずれの場合でも、英語を学ぶ目的を明確にし、その目的を達成するためのモチベーションを維持することが英語力を身につけるカギとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。