取引先とは接待をするべき?受けるべき?接待のメリットとデメリット・ノウハウをご紹介!

営業職として仕事をしていると、接待をするだけでなく、接待を受ける機会も出てきます。
しかし、特に若手の営業パーソンの中には、接待を経験したことがない人も多いと思います。
接待ではどんなことをして、何に気を付けるべきなのか。そんな疑問を持つ人のために、接待のノウハウについてご紹介します。

接待ってなに?


頻度の差はありますが、接待をビジネスに利用している会社は多くあります。
一般的にさまざまな企業との取引が多い商社や広告代理店は、接待の多い業界であると言われています。

接待の目的

接待とは相手と良好な関係を築き、ビジネスをより発展させるためにクライアントをもてなすことを言います。
時間が限られている業務中の商談は、話すことができないようなことあります。
しかし、仕事を終えたリラックスした場では、和やかな雰囲気の中で話すことができます。
相手のことを深く知り、同じ時間を共有することで親密感が増し、それをビジネスにつなげていくのが接待の目的です。

接待の種類

接待の種類には、食事やお酒を楽しむ会食、ゴルフ、キャバクラなどがあります。
会食の場合は、相手と密接な関係性を作りつつ、他のお客の目を気にしなくて済む個室のあるお店が多く選ばれています。
会食後は二次会として、キャバクラやクラブなどに行くことも多くあります。
また、会食は平日の仕事帰りにセッティングすることがほとんどですが、休日により長い時間を過ごすにはゴルフ接待が向いています。
ゴルフ場という開放的な空間で、ラウンドしながら一緒にコースをまわると、自然と一体感が生まれてきます。

接待費について

接待費はほとんどの場合、会社が負担します。上限や事前の申請が必須などの条件を設けている会社もあります。
接待はビジネス上必要なものであるという考えがあるからこそ、接待費も経費として認めている会社が多いのではないでしょうか。

接待のメリット・デメリット


最近では、接待を禁止している企業、もしくは接待費を出さないといった企業も増えています。
しかし、そんな状況でも変わらず接待を続けている企業は多くあります。接待のメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?

接待のメリット

相手に気持ちよく食事やゴルフを楽しんでもらうおもてなしの精神は、相手をリスペクトしている姿勢を表すことにもつながります。
また、同じ時間を共有することで、より相手のことを知ることができ、親密な関係性を築くことができます。

接待のデメリット

仕事終わりや休日などのプライベートな時間を接待に充てなくてはならないことが、デメリットと言えるでしょう。
また、接待に失敗してしまうと、本業のビジネスの方へも大きな影響を与えてしまうリスクもあります。

接待のノウハウ

接待をする立場

相手に喜んでもらうためには、食べ物やお酒の好みや趣味などを事前に調べ、相手の好みに合ったおもてなしをすることが大切です。
また、接待の場所や時間も相手の都合に合わせ、クライアントがアクセスしやすい場所を選ぶようにします。

接待を受ける立場

接待を受けると言っても、メインは上司であることを忘れてはいけません。
お酒を飲みすぎ、会社の機密情報や内部事情などを話してしまうのは、最もやってはいけないことです。

会食の場合

お酒の入る場所であっても、ビジネスマナーから逸脱した行為は好ましくありません。
席次や言葉遣いにも気を遣い、心地よくお酒や食事を楽しめるように心がけます。
接待をする側は聞き役にまわり、相手が気持ちよく話ができるようにします。

ゴルフの場合

接待側は、相手のゴルフ経験と住まいを事前に調べ、アクセスしやすくレベルに合ったゴルフコースを選びます。
相手の都合も確認し、早めにゴルフコースの予約を入れ、余裕をもって日時や場所をアナウンスしましょう。
メンバーの組み合わせも上手な人が偏ることのないように気を付けます。

キャバクラの場合

接待は、自分が楽しむのではなく相手に楽しんでもらうことが目的です。
お店側に相手が重要な顧客であることを事前に伝え、お店側の失礼を防ぐとともに、接待をする側は盛り上げ役に徹します。
ここでもビジネスマナーを見失うことなく、羽目を外しすぎないようにします。

接待をする、しないの境界線


会社の風土によって接待をする会社、接待をしない会社があります。自分の会社の風土に合わせるのが基本です。
接待を積極的に行っている会社、取引先も接待を受ける会社であれば接待の場を設けてもよいでしょう。
接待を受ける会社であっても、今後の取引見込みを鑑みることが必要です。
また、接待を行うことや接待を受けることも自分だけで決めるのではなく、上司に相談することが大切です。

まとめ:接待も仕事の一つ


接待のために時間を割いて下調べをしたり、休日を返上したりすることは面倒だと感じる人も少なく無いと思います。
しかし、接待は取引先との関係性を密にする大きなビジネスチャンスでもありますし、普段は聞くことのできない、ビジネスの大先輩からのアドバイスを聞ける貴重な機会でもあります。是非、有効に活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。