新人必見!デキる営業マンの2着目のスーツ・カバン・靴選びの8つのコツ!

営業職として新卒で入社した方、異動や転職で新たに営業に挑戦することになった方など、環境の変化と共にスーツを新調した方も多いのではないかと思います。

営業職としてキャリアをスタートしたからには、スーツの着こなしにも気を使う必要があります。
なぜなら、デキる営業マンになるための第一歩として、第一印象がとても重要だからです。
そこで今回は、第一印象をよくするためのスーツやカバン、靴の選び方をお伝えいたします。

スーツは最低2着


どんなに高価なスーツでも、毎日同じものを着ていると、すぐに傷んでしまいます。
また、しわも寄りやすくなるため、清潔感に欠け、デキる営業からは程遠い印象になってしまいます。そうならないためにも2着目のスーツを用意するのは、必須事項といっても過言ではありません。

2着目は違う色を

着ているスーツの色で、相手に与える印象が変わってきます。
例えば黒は、多くの学生が着ているリクルートスーツのようにフレッシュな印象、紺はスタイリッシュですっきりとした印象、グレーは落ち着いた印象を与えます。
複数色持っていた方が、使い分けることができるので、商談相手に応じた「良い印象」を与えることが可能です。

どのくらいの価格を買うべき?

今は1万円台の格安スーツも販売されていますが、耐久性や素材などを考えると3万円から4万円程度のスーツがオススメです。
なぜなら、スーツ値段はそのまま「生地」に反映され、格安のものだと「安っぽい」という印象になってしまう恐れがあるからです。特に、社会人経験の長い商談相手の場合、良くも悪くもスーツを見慣れていることが多いので、安いスーツは見抜かれてしまうのです。

選ぶべきサイズやシルエット

自分に合ったサイズのスーツを選ぶことが、きれいにスーツを着こなし、第一印象をよくする秘訣です。
しかし、同じサイズであってもスーツの型紙によってゆったりしたものから、タイトなシルエットまで、多少の幅があるので、色々なものを試着しながら自分に合うものを探しましょう。もし、金銭的に余裕があるならオーダースーツを仕立てるのもひとつの選択肢です。
また、シルエットだけではなく、パンツの裾の折り方や、襟の形、ボタンの数など、ちょっとしたことでも印象は異なりますので、色々な仕立てを試してみるのも良いかもしれません。

サブカバンの選び方


営業マンの中には、サブバッグを用意している人も少なくありません。2つ目にオススメのバッグをご紹介します。

形にこだわる

メインのカバンが手提げ型の場合は、リュック型のバッグも1つあると便利です。
重い荷物のときや長い距離を歩くときなどには、背中に背負う形のカバンが活躍します。リュックといってもカジュアルなものではなく、四角い形状のもので、横にして手提げ型としても使えるものなど、ビジネス用のものを選びましょう。

素材にこだわる

ビジネスバッグの素材には、本革や合皮、ナイロンがあります。
外回りも多く、大量の資料を持ち歩くと考えられる新人営業マンには、本革のカバンは重量感があり不向きだといる人もいます。ナイロンや合皮は軽くて、雨にも強い素材です。中でも、ナイロンには雨にも強い防水加工をしているものもあります。業務内容に合わせた素材を選びましょう。

サブカバンの使い分け

リュック型は荷物が多いとき、長距離移動の時、防水加工バッグは雨天時に使うと便利だとご紹介しました。
そのほかにも、外出がなく内勤がメインの時は、薄手のブリーフバッグタイプのカバンを使っている営業マンもいます。
複数のカバンを持っていると、TPOに合わせてカバンを使い分けると、便利なうえにちょっとした気分転換を楽しむこともできます。

靴も最低2足


スーツと同様、同じ靴を毎日履き続けると革やソールの傷みも早くなります。そして同じ靴を履き続けることは、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが出てしまいます。衛生面から考えても靴は最低2足用意しましょう。

靴の色・デザイン

靴の色を選ぶときに重要なポイントは、「同系色のベルトを持っているかどうか」です。スーツを着て全体を見たときにベルトと靴の色が違っていると、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。黒のベルトしか持っていないようであれば、黒の靴を2足そろえましょう。もちろん、靴の色に合わせてベルトを購入しても問題ありません。
ただ、ビジネスシューズの基本は、黒と茶色ですので、あまり華美なものは避けましょう。

また、同じ色の靴だとしても、つま先の丸いラウンドトゥやスッキリ見せるロングノーズ、直線の切り替えが入るストレートチップ、Wのような切り替えとなるウィングチップなど、1足目と同じ色でもデザインを変更すると足元だけでなく、全体の印象を大きく変えることができますので、色々と試着して、自分の気に入るものを見つけましょう。

まとめ


第一印象を良くするためには、清潔感が重要です。
同じものを着続けるのではなく、スーツや靴、カバンのお手入れも忘れずに2着目のスーツや靴もビシッと着こなしましょう。
また、スーツや靴など、新しいものを選ぶ際は、持っているネクタイやシャツを思い浮かべながら探すことが重要です。お気に入りのネクタイやシャツを実際に持っていき、店員にアドバイスを貰ったり、ステキな着こなしをしている先輩のマネをしたり、しながら自分に合ったスーツの着こなしを探していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。