営業で感じるストレスの対処と効果的な解消方法7つ

社会人になって仕事をしていると、様々な要因からストレスを感じる機会も多くなります。
営業職は全職種の中でも、とくに人と関わる機会が多いため、ストレスを感じやすい環境と言えるでしょう。
しかし、大切なのは、日々の業務で感じるストレスや不安とどのように付き合っていくかなのです。
この記事では、営業職を始めとする業務で感じるストレスの対処方法や、解消方法について詳しく紹介します。

社会人はさまざまなストレスを抱える

学生生活に比べ、社会生活では様々なストレスを感じることが多くあります。
人間関係をはじめ、時間の拘束や数字目標など、自分の自由にならないことが多くなるからです。
身体的な疲労も溜まりやすくなるので、精神的な余裕がなくなる人も少なくありません。
それらのストレスと長く付き合っていくことも、仕事の一環なので、上手に対処していく必要があります。

 

営業職で感じる6つのストレス

ここでは、営業職で感じる6つのストレスについて紹介します。
ストレスを感じるポイントを把握しておけば、その後の対処や解消方法も見つけやすくなるのです。
いま営業職として活躍されている人はもちろん、今後営業を目指したい人もぜひ参考にしてみてください。

人間関係によるストレス

営業職に限らず、社会人になると社内や社外の人間関係に悩まされる場面が多くなります。
上司や同僚との付き合いや顧客への接待など、状況はさまざまです。
慣れない相手とのコミュニケーションには、想像以上の労力とストレスが発生します。
ある程度経験を積んでいけば、受け流し方などを覚えて、折り合いをつけられるようになる人が多いです。

商品に対するストレス

営業の主な仕事は、自社の商品を提案し売ってくる事です。
自社の商品が他社と明確な差別化をできていれば問題ないのですが、場合によっては他社製品に機能性で劣る商材でも、提案しなければならない場合もあります。
「自分だったらこの商品は買わないのに・ ・ ・」と感じてしまう状況では、強いストレスを抱えてしまうでしょう。

ノルマによるストレス

営業職と言えば「売上目標がきつい」と言う印象が強い職種です。
役割として、会社に利益を生み出す立場なので、他の職種に比べて、数字を求められるのは事実といえます。
一般的には、営業パーソンが成果をあげられるように、会社が販売戦略やマーケティングなど十分なサポートを行うため、営業パーソンが全く成果をあげられないと言うケースは多くありません。
しかし、会社によっては営業パーソンの営業力にすべて任せられている場合もあります。
十分な販売戦略やマーケティングが行われていない状態で、高い売上目標だけを課せられる状況では、強いストレスを感じてしまうでしょう。

顧客対応によるストレス

日々多くのお客様と接していると、中には理不尽なクレームや要望を押し付けようとしてくる人もいます。
その場合、基本的には営業パーソンが矢面に立ち謝罪をすることになるでしょう。
自分たちに非がない状態で理不尽な文句を言われるのは、大きなストレスになります。
もちろん、営業職に限らず、お客様と接する機会の多い職種では、このような状況は多くなってきます。

残業時間に対するストレス

業務を遂行していく中で、定時を過ぎても仕事が終わらない日も出てきます。
特に営業職の場合は、顧客先から一旦オフィスに戻り、事務仕事をしなければならないなど、移動で多くの時間を消費してしまうことが多くあります。
その結果、プライベートの時間が削られることもあるため、ストレスを感じることになります。

時間外労働へのストレス

残業以外にも、顧客から電話がかかってくる場合があります。
自社・顧客ともに土日が休日のケースが多いので、頻度としては少ないですが、労働時間外に連絡がくる可能性もゼロではありません。
特に会社用の携帯電話を、営業パーソンがそれぞれ貸与されている会社では、休日に電話を受けるケースも多くなります。

 

強いストレスは身体への悪影響がある

過度なストレスは気分的な部分だけではなく、身体的な不調まで引き起こしてしまうケースがあります。
気だるさや鬱をはじめ、自律神経が乱れることで、ニキビが増えたり、下痢や便秘を繰り返したりなど、生理的な悪影響が出てしまうのです。
ストレスが原因で仕事をやめてしまう人も多いため、適切なストレスケアは社会人生活を送る上で、非常に重要な行為だと言えるでしょう。

 

ストレスの効果的な7つの解消方法

ビジネスパーソンとして、日々の業務をこなす中で溜まったストレスは、心身の健康の為にも定期的な発散が有効です。
ストレスを解消・発散する方法は人により様々ですが、ここでは一般的に効果的だと言われる7つの方法を紹介します。
ストレスの溜めすぎは、身体面にも悪影響を及ぼしてしまうので、定期的に発散しつつ、しっかりメンテナンスしましょう。

誰かに話を聴いてもらう

友達や家族など、親しい間柄の人に仕事の愚痴を聞いてもらいましょう。
具体的な解決方法などが出て来なくても、話を聞いてもらうだけでストレスの発散につながります。
心の中を空っぽにすることで、また仕事を頑張れるようになるのです。
愚痴を吐き出すために、学生時代の友達などと集まって、飲み会を開催するのも選択肢の1つでしょう。

カラオケなどで大声を出す

なかなか友達や家族に会う時間が取れないと言う人は、1人カラオケで大声を出して発散すると良いでしょう。
1人カラオケであれば、他の人に気を使わず好きな曲を全力で歌うことができます。
愚痴を吐き出すのとは少し違った感覚ですが、カラオケもストレスを発散する有効な手段です。
最近は1人カラオケ用のカラオケボックスも出てきているので、1人でカラオケに行くのは恥ずかしいことでもありません。

旅行やショッピングで気分転換する

いつもとは違う景色の環境に遠出したり、街に繰り出してショッピングを楽しんだりすることでストレス解消の効果が期待できます。
旅行に関しては、連休を取得する必要はありますか、その分大きなストレスでも一気に解消できる可能性が高いです。
普段はネットで買い物していると言う人であれば、実際に店舗に足を運びショッピングをすることで、新たな刺激を感じ、ストレス解消に繋がるかもしれません。
いつも同じ景色では、視覚的な刺激が少なくなってしまうので、たまには普段行かないようなところに足を運ぶことも大切です。

スポーツなどで身体を動かす

もともとスポーツをやっていた人であれば、休日に運動するのもストレス解消方法の1つです。
社会人になるとなかなか運動する機会も少なくなり、慢性的な運動不足になる可能性が高くなります。
適度な運動をすることでストレスの解消につながるケースも多いです。

ジョギングやウォーキングなど自分1人でできる運動でもいいですし、より本格的なスポーツをしたいのであれば、近くの社会人サークルなどを探してみると良いでしょう。
適度な運動はストレスの解消だけでなく、ダイエットや健康促進にも役立つのでオススメです。

リラクゼーションで身体を癒す

営業職はデスクワークと外出を繰り返す職種なので、体の疲労感も溜まりやすいです。
意識的にスポーツなどをしていれば別ですが、そうでない場合は、リラクゼーションやマッサージなどを活用して、定期的に体をほぐしてあげたほうが良いでしょう。
筋肉が凝り固まってしまうと、血流が悪くなり頭痛や肩こりにつながり、結果的に余計なストレスを感じてしまいます。
整骨院など医療を目的とした指圧はもちろん、セラピストが行っているもみほぐしなどもオススメです。
費用の面の場合でも、1時間あたり2,000円~3,000円程度で受けられるので、休暇中ら仕事帰りにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

いつもより贅沢な食事をする

給料日や2週間に1度など、自分が決めた日にいつもより豪華な食事をしてみましょう。
食べることが好きな人であれば、それだけでもストレスを解消することができます。
お酒が好きな人なら、いつもより高いお酒を買って自宅で楽しむのも良いでしょう。
食事は手軽にストレスを発散できる手段なので、積極的に活用したいポイントです。

睡眠をしっかり取る

残業時間や出勤時間の関係上、慢性的な睡眠不足になっているビジネスパーソンは少なくありません。
慢性的な睡眠不足は、ストレスの元であり、なおかつ体の免疫機能を低下させてしまう可能性もあります。
社会人生活において、なかなか疲れが取れないと感じている場合は、有給などを消化して、まとまった睡眠時間を確保してみるのも1つの方法です。
理由なくイライラを感じている人は、睡眠不足によるストレスが影響しているかもしれません。

 

自分へのご褒美を与えることが大切

業務で蓄積されたストレスを効果的に解消するには、自分へのご褒美を与えることが重要となります。
会社では成果を上げなければ賞賛されませんが、自分で自分にご褒美を与えるのはいつでもできることです。
人はご褒美があるからこそ継続的に頑張れる生き物なので、定期的な自分へのご褒美は仕事を長く続けるコツでもあります。

今回紹介した方法をもとに、営業職を始めとする社会人生活を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。