営業の印象は笑顔で決まる?日常でできる笑顔の練習。

皆さんは初対面の人に対して、どんな笑顔で接していますか?
笑顔は好印象を与えるための基本ですが、実践できている人は意外と少ないものです。
特に普段人と接する機会が少ない人は、顔の筋肉がうまく動かせず笑顔もぎこちなくなってしまいます。営業職では、 この笑顔をどれだけ上手く使いこなせるかによって、成果にも影響してくるのです。
当たり前に感じるかもしれませんが、 笑顔を意識してコントロールするのは簡単ではありません。 日常的な意識やトレーニングによって、第一印象を良くする笑顔が作れるようになるのです。
今回のコラムでは、営業における笑顔の重要性から、 好印象を与える笑顔をコントロールする方法について紹介します。

初対面の印象は5秒で決まる

ビジネスの世界では、初対面の相手に対する印象は姿を見てから5秒で決まると言われています。
性別や身長・体格・表情・服装など、一見して把握できる範囲で、人は相手の第一印象を決めてしまうのです。
その中でも表情は、誰でも意識してコントロールできるポイントであり、 相手に好印象を与える効果的なツールでもあります。
営業で優秀な成果をあげる人の多くは、 笑顔をはじめとする表情を巧みに操っており、ジェスチャーなど動作を含めて、感情の表現方法が豊かであるケースが多いです。

 

笑顔は好印象を与える基本ツール

笑顔を自在にコントロールできるようになれば、仕事だけではなく、就職活動やプライベートでの人間関係など、様々な場面でうまく立ち回れるようになります。
周囲にいる人を思い浮かべていただければ分かりやすいと思いますが、常に不機嫌そうな表情をしている人とよく笑っている人、どちらの人が、一緒にいて楽しいと感じますか?
各個人の好みによっても違ってきますが、多くの人は笑顔を浮かべている人を好ましいと感じるでしょう。
逆に常に無表情な人や不機嫌そうな顔をしている人は、高い確率で他人に悪印象を与えてしまっているかもしれません。
元々の外見が怖い人でも、笑顔の活用次第で好ましい人物像になるケースも多いです。
笑顔は周囲の人にも伝染していくので、無表情や不機嫌な顔でいるよりも、有利に働く場面も少なくないでしょう。

以上のような理由から、笑顔は他人に好印象与えるために、必要不可欠なツールと言えます。

 

笑顔がコミュニケーションに与える影響4つ

具体的に、笑顔がコミュニケーションにおいてどのような影響を及ぼすのかについて解説していきましょう。

第一印象

初対面の相手に対して、笑顔以上に誰でも簡単に好印象を与えられるツールはありません。
一言に「笑顔」といっても、満面の笑みから微笑まで様々なパターンがあるので、状況に応じて使い分ける事が重要になります。
また、自分では笑顔作っているつもりでも、目元が真顔のままで相手に笑っている印象与えていないケースも少なくありません。
笑顔は口角や目尻の上がり具合によっても、与える印象が違ってくるので、普段から鏡を使って笑顔のトレーニングをしておくのも1つの方法です。

気分

一般的に、人は気分が楽しいときに笑顔をつくります。ですが、逆に意識して笑顔を作ることによって、気分が引っ張られて、楽しくなってくるケースもあるのです。
ビジネスの場では、自分の気分に関係なく笑顔を作る必要性もありますが、ただ口角を引き上げているだけでは、1日乗り切るのは難しいでしょう。
自然な笑顔いつでも作れるようにしておけば、自分の気分さえもある程度コントロールできるようになります。
接客業や営業職では、顧客の前に出る直前に、自分に対して自己暗示をかけることって、好印象なキャラクターを作り上げている人もいるほどです。
ただし、極端な笑顔は状況によって不自然な印象与えてしまうケースもあるので、あくまでも「自然」を忘れないようにしましょう。

電話などで会話が盛り上がった場合に、対面で会話するのと同じように、笑顔を浮かべながら声を出している人と、声だけで笑っているように見せている人では、声の出方や印象が違ってきます。
電話で伝わる情報は、基本的に対面のコミュニケーションに近いため、表情も含めて声となり相手に伝わるのです。
相手の姿が見えない電話だからこそ、自分の話し声には表情も乗せて発信することが重要になってきます。

信頼関係

笑顔が第一印象を左右すると言う点は先に触れた通りですが、同時に相手との信頼関係の構築にも笑顔は影響してきます。
第一印象だけではなく、その後の付き合いにおいても、表情は相手に信頼感を与えるためのツールとなるからです。
もちろん表情だけではなく、こまめなフォローや提案など、さまざまな要素は絡んできますが、笑顔もその要素の1つであるのは間違いありません。
ビジネスに限らず、相手と良好な関係を築きたいのであれば、笑顔をはじめ相手に見せる表情は、しっかり意識することをお勧めします。
以上がコミュニケーションにおいて、笑顔が影響及ぼす基本的なポイントです。
自然な笑顔を意識的にコントロールできるようになれば、どんな状況であれ損することはないでしょう。

 

笑顔を鍛える方法3選

言葉で自然な笑顔を作りましょうと言われても、慣れていない人には難しいと思います。
笑顔には”笑顔を作るための筋力”が必要になるので、日常的に意識してく自然な笑顔を作りましょうと言われても、慣れていない人には難しいと思います。
が必要になるので、日常的に笑顔を作るための筋力を意識しながら練習しなければなりません。
ここから、好印象与えるための笑顔作る基本的なトレーニングの方法について、ご紹介します。

鏡の前で顔のトレーニングをする

客観的な視点から、笑顔の練習をするのなら、鏡を使うのが最も効果的です。
相手に好印象与える笑顔は、東風本だけではなく目元も重要なポイントになってきます。
鏡の前で、口元を本などで隠す目元だけで相手に笑っている印象与えられているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。
口元の口角を上げるのは比較的簡単なのですが、目元は自分で意識しにくい部位なので、鏡を使って客観的に眺めて見てください。
入浴時などは筋肉もほぐれてくるので、笑顔の練習にオススメです。

電話で笑顔を伝えるトレーニングをする

鏡を使った練習のほかにも、プライベートで誰かと会うとき夜電話する時も、意識して笑顔を作るようにしましょう。1種の実践訓練です。
自分が作っている笑顔で、相手にどれだけ違った印象与えられるかを、試行錯誤してみてください。
もし可能であれば、相手にどんな印象受けたかなども聞いて、フィードバックしてもらうと良いでしょう。
練習相手がいないということであれば、スマホの録音機能などを使って、自分でチェックする方法もあります。
以上が、好印象を与える笑顔を作る主な練習方法です。

ビジネスにおいて、初対面の相手に好印象与える手法は、笑顔以外にもたくさんあります。
ですが、笑顔は社会人に限らず学生のうちからでも会得できる営業テクニックなので、興味のある人はぜひ実践してみてください。

自分の気分より相手への印象を意識する

楽しい気分でもないのに、笑顔になれない、という人もいるでしょう。
しかし、あくまで相手に好印象与えるためのテクニックなので、必ずしも楽しい気分である必要はありません。
笑顔を作っているうちに気分も楽しくなってくる場合もありますが、やはりそうならない時もあります。
そんな時は、相手に作り笑顔であることがバレない程度に、振る舞うと良いでしょう。

専門医やインストラクターに相談する

どんなに勉強しても、自分だけではよくわからない人もいると思います。
実際、表情筋トレーニングは正しい方法で行わなければ、ほとんど効果がないと言う意見もあるのです。
そんな時は、医師や表情筋トレーニングのインストラクターなどに相談してみるといいでしょう。
表情筋のトレーニングを専門に扱っている病院等はほとんどありませんが、美容クリニックなど一部の病院では、相談を受け付けているところもあるようです。
費用が発生する可能性もあるので、まずは電話などで相談してから、検討するようにしましょう。

 

笑顔を維持するには顔の筋肉が必要

パソコンやスマホが普及した現代においては、相手の顔や声を直接見なくてもビジネスや人間関係が成り立つようになってきました。
そのため、無表情でいる人も多くなり、いざ笑顔作ろうと思っても、うまく笑えないと言う人も少なくありません。
笑顔には笑顔を作るための表情筋が必要になるので、極端に衰えた状態では、うまく自然な笑顔を作ることができないのです。
表情筋を鍛えるためには、顔のストレッチや表情のストレッチなどで、日常的に色々な表情を作ることです。
具体的な表情筋のトレーニング方法については、インターネットや書店などでも様々な商品が販売されていますので、チェックしてみてください。

 

表情筋トレーニングアイテムの費用

一般的に販売されている表情筋トレーニングアイテムの多くは、口にくわえながら揺らしたり、表情を維持したりするものがほとんどです。
金額についてはピンキリで、1,000円程度のものから数万円単位のものまで、実に幅広い種類があります。
値段が高ければ効果も高いと言うわけではないので、可能であればディスカウントショップなどで、実物を見ながら選んだほうがいいでしょう。

 

まとめ

営業職とって、笑顔は非常に重要なテクニックです。極めれば、笑顔1つで相手に好印象与えられるようになります。
最初は慣れないかもしれませんが、場数が増えていくにつれて、うまくコントロールできるようになっていくはずです。
ぜひ実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。